前へ
次へ

弁護士の基本的な法律である弁護士法

弁護士に関する基本的な事柄に関する制度を定めたものが弁護士法です。明治26年に法律第7号として制定されるも、昭和8年、昭和24年に全編改定され、今の法律となっています。尚、弁護士法としての制定は昭和24年に行われています。弁護士法に定められている主な内容としては、弁護士法人または弁護士としての使命、弁護士によって構成されている弁護士会の制度、弁護士の職務等が挙げられます。また、非弁活動の禁止や法律事務を無資格者が取り扱いないし表示をすること等の禁止といった注意や禁止事項も定められているのです。弁護士として業務を遂行する際には、これら弁護士に関する法律にのっとって活動する必要があるとされています。

弁護士法に関しての説明

弁護士法が今のように整備されたのは戦後になってからです。日本の法律が整備されたのは戦後になってからで弁護士法もその一つになります。この法律は職務や制度や使命に関する法律になります。人を裁くものであるので非常に厳格に定められたもので資格がある人間だけが対象になる法律です。厳格に定められたものであり弁護士の資格を取ることもとても大変なことですが、決まりを破った場合も厳格な処分があります。弁護士法は内容で細かく分かれていてそれぞれの章で説明がされています。資格審査や懲戒に関する事など法で人を裁く仕事であるため厳格に決められています。弁護士で活動する限り必ず守らなければいけない法律であり、決まりであるといえます。

Page Top