前へ
次へ

弁護士法とはどのようなものでしょう。

弁護士法は、昭和24年に成立した法律です。主な内容として、弁護士の使命は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすることが定められています。そして、職責として、弁護士は常に、不快教養を持って品性を持ち、ほうれい及び法律事務に精通しなければいけないと書かれています。また、弁護士は司法修習生の収拾を終えたひとが資格を有することができます。弁護士となった人は、日本弁護士連合会に備えてある弁護士名簿にとろくされなければならないと書かれています。そうしなければ、弁護士として働くことができません。弁護士を廃業するときもまた、所属する弁護士会にその旨を届けなければなりません。このようなことが弁護士法に記載されています。

弁護士法について考えてみる

弁護士になると弁護士法という法律のもとで仕事をすることになります。弁護士の制度を定めた法律であり、資格に関する規定などが記述されています。その中には、専門のことは記載されていません。交通トラブルを専門に扱っている場合、他のトラブルは扱ってはいけないというようなこともありません。得意分野と扱ったことがないような分野の両方に対応をすることが出来るのです。ですから、専門外のトラブルに対応をする場合には不備も生じてしまうことがあります。どんな依頼であっても、法律という大きな括りの中ではプロなのですから、全力で取り組む必要があるのです。弁護士法には資格に関すること以外にも名簿への記載など独特な世界に関する記載もあります。

Page Top