前へ
次へ

弁護士法についての説明

弁護士は弁護士法という法律を遵守しながら、仕事をしていかなければなりません。この法律はいったいどんなことを規定しているのかについて説明していきます。まず、仕事の内容を明示しています。これと同時に使命や存在意義なども書かれています。また、資格を持っていない人が法律に関する事を扱ったり、その法律に関する事務などを扱うような表示や会社名にすることを禁止しています。他にも、弁護士の権利や義務を明示しています。この義務には、守秘義務や法律事務所を設置するなどのものがあります。弁護士の懲戒に関することも細かく決まっていて、委員会においての議決によって懲戒を決めます。このように一般的な職業とは違うので、その義務や規定などが厳しくなっているのです。

弁護士法に書かれている内容とは

弁護士法には弁護士として活躍するための色んな法律やルールが書かれており、これに沿って業務を行っていくことが原則となります。そのため弁護士法に書かれていることに違反をすると弁護士が罰則を受ける形となり、罪状が重いと資格を剥奪されることもあります。法律の専門職でもある弁護士のルールと聞くととても複雑に考えられますが、実際には一般の会社員が守っている規則とそんなに変わりはないです。また資格を取るためにこの弁護士法という法律も学んでいることが多いため、弁護士にとってはそんなに難しい内容ではないのが特徴となっています。なので原則として、弁護士はこの弁護士法に基づいて依頼者からの相談やトラブル解決を行っています。

Page Top