前へ
次へ

弁護士法について探る

国が定める法律を専門的に扱う弁護士は、弁護士法に則っての活動が認められる事になります。その資格や活動内容などに関して、詳細な規定があります。国が定める弁護士制度であり、日本の法律の一つでもあります。弁護士法では、その資格認定までの規定や資格の剥奪、弁護士としての登録の必要性などが明示されています。日本弁護士連合会、通称日弁連と称される組織があり、その組織に各弁護士が強制加入する事で、その指導や監督を行う事とする旨などの記載もあります。そのため、弁護士に何か不祥事があった場合には、この日弁連での登録も抹消されるなどの罰則もあります。弁護士と日弁連が切っても切れない関係性のある事が、弁護士法においても記されています。

弁護士法について、調べてみた

弁護士には弁護士法という掟があります。弁護士法とは、弁護士制度を定める日本の法律であり、1893年に制定されて以来、途中改正されながらも現在に至ると感じです。主に弁護士・弁護士法人の使命や職務、弁護士会の制度を定めたりします。また、無資格者に対して法律事務の取り扱いを禁止することや法律事務を取り扱う表示の禁止するなど様々あります。つまり弁護士に対する法律と理解してもらえばわかりやすかと思います。弁護士の方も必死ということです。弁護士法を違反すれば厳しい罰もあります。そのため、用心して仕事を行わなければいけません。今現在、弁護士を目指している方などがいましたら、こういった法律もあるということを把握し、理解していただけら幸いです。備えあれば憂いなしです。

Page Top